実はここも気になるんです。転職先のユニフォーム事情

Main 20190124
このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科衛生士を含め医療機関に勤める場合、それぞれの職場でユニフォームが用意されています。俗にいう『白衣』のことです。昔は白や淡い色でシンプルかつ清潔感のあるユニフォームが主流でした。特に内科や外科をはじめとした医科では、白で統一されたかっちりしたデザインのものをユニフォームとしていたところが多かったように記憶しています。それに対して、歯科ではかなり早い時期から白以外のカラーでもっとデザイン性の高いユニフォームが採用されていました。これらは白衣というよりもユニフォームと呼ぶのが適切かもしれませんね。エプロンなども花柄や動物柄などエレガントな物から可愛いものなどがあり、デザイナーズブランドなども用意されています。

 

ところで歯科衛生士の転職の条件のひとつとして、大きな声では言えませんがユニフォームがとても気になっている人が多いんです。どうせ働くなら可愛いのがいい、動きやすいのがいい、などのように女性ですからやはり見た目にもこだわりたいものなのです。

 

そこで、歯科業界のユニフォーム事情について本音トークをのぞいてみました。

 

知ってました?ユニフォームに見える院長先生の好みやカラー

 

歯科医院で選ばれているユニフォームのデザインはさまざまです。ワンピースやツーピース、パンツタイプなどがありますが、最近はVネックでシンプルなスクラブタイプが人気です。コードブルーなどの医療ドラマなどでもしばしば目にするスクラブは、カラーも豊富で動きやすく価格も安いため導入する医療機関も増えています。

 

ところで、転職活動をする際には歯科医院のHPからスタッフの白衣を見る機会もあるでしょう。いろいろなユニフォームスタイルがある中で、時々エステサロンのようなシックカラーのワンピースにスカーフ姿や、全員がロングヘアをアップにしていたりと、本当に歯科医院?と思えるようなところもあります。裏話ですが、院長からヘアスタイルはロングのアップ、メイクの仕方まで指示されるところもあるといいます。確かに「あそこはスリムな人しか採用しない」「先生の好みの衛生士が採用される」といった噂のある歯科医院も現にあります。

 

もちろん購入を決めるのは先生なので、ユニフォームが先生の好みで左右されることがあっても不思議ではありません。逆にスタッフのユニフォームには全く無頓着で着古して傷んだものを補修して長年着用している歯科医院は、経費節減を重視しておりスタッフの福利厚生に不安を感じる面も否めません。スタッフがデザインの違うユニフォームを着用していたら要注意です。

 

ストッキングかソックスか…小さいけれど意外に面倒な問題

ユニフォームは医院の顔ですから与えられたものを着用することになりますが、毎日の中で意外に面倒なのが足元の装いです。実はユニフォーム着用時ストッキングかソックスかが定められているところも少なくありません。ストッキングは見た目にとても上品ですが、これが後々かなりのストレスになってきます。ストッキングは少しの傷からすぐに伝線しますし、何度も使いまわしがききません。そのため、常に買い置きをしておく必要があります。冬は結構寒いですし、だからといって職場に行ってから履くのも結構面倒なものです。反対にソックスは、一度購入すればかなり長くもちますし、簡単に破れることもありません。ささっと履けますし、トイレでもたつくこともないのでとても楽です。

 

最近はパンツスタイルのユニフォームも増えてきましたから、ソックス派の人には嬉しいですね。

ただ、歯科医院によってはワンピースに黒のハイソックスと決めているところもあるようです。その意図はわかりませんが、黒のハイソックスは女子高生のようで可愛い反面ベテラン組には年齢的に少々勇気のいるスタイルですね。

 

ちょっとびっくりするユニフォーム事情をこっそり公開

ところであなたの職場ではユニフォームは何日着続けますか?クリーニングですか?自分で洗濯ですか?

ユニフォームの扱いは歯科医院によって違います。全員分をまとめてクリーニングに出してくれるところはいいですが、毎日では経費がかさむため数日ごとに着替えるというところもあります。中には持ち帰って自分で洗濯しなければいけないところもあるのです。切削編や血液、唾液などいろいろな感染物質が付着しているユニフォームは、できれば自宅で洗いたくはないものですね。他にも職場に洗濯機があって自分たちで洗うところもあります。

 

また、ユニフォームやシューズは支給されるのが一般的です。ただ消耗品という扱いで2枚目からは自分で購入するよう指示されたり、退職時には買い取るように言われるケースも耳にします。

 

いずれにしても、ユニフォームの扱いは経営者側の裁量に委ねられていますので、面接の際に聞いてみるといいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

採用をお考えの医院様へ

PAGE TOP