歯科衛生士で転職を考えています。どんな歯科医院に転職するのがベストなのでしょうか?

Main 20190916
このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科衛生士として働く人は、勤める歯科医院によって未来が大きく変わります。
最も、歯科衛生士は国家資格であるためその点は有利であり、転職することはそれほど難しくありません。
ただ歯科衛生士として働くことだけを考えるなら、転職先の歯科医院はさほど苦労せずに見つかるでしょう。

しかし、転職先の歯科医院がブラックなら意味がなく、実際に転職で失敗するケースも少なくありません。
そこで、ここでは歯科衛生士の転職を成功させるためのアドバイスとして、
転職先としてどのような歯科医院を選ぶのがベストなのかを考えていきます。

1. スタッフの定着率が高い歯科医院


スタッフの定着率が高い歯科医院は、それだけスタッフの不満が少ないことが予想できます。
いくら勤務形態が魅力的でも、スタッフの定着率が低ければその歯科医院には何か問題があり、
給料の多さに目がくらんで入社後に後悔するのは転職の失敗であるあるですよね。

ただ、そこで働いてみなければ気づかない問題があることも事実であり、
スタッフの定着率が高い歯科医院は、そんな問題が考えられにくい歯科医院でもあるのです。
離職するスタッフが少ない以上、少なくともブラックの可能性は限りなく低いでしょう。

2. 人間関係が良好な歯科医院

歯科衛生士の転職の理由として最も多いのが職場の人間関係です。
そもそも歯科医院は少数運営が基本ですから、人間関係が悪い歯科医院だと本当に苦痛でしょう。
何しろ少数運営である以上、毎日顔を合わせて一緒に仕事しなければならないですからね。

このため、職場の人間関係は歯科衛生士にとってある意味勤務形態よりも重要なポイントかもしれません。
いくらお金や時間が全てと考える人でも、歯科衛生士として働く以上、
人間関係の良好な歯科医院に転職すべきでしょう。
例えば、一人だけ極端に長いベテランスタッフがいる歯科医院などは要注意ですね。

3. 院長が仕事を押し付けてこない歯科医院


歯科衛生士の資格を持つ人なら分かると思いますが、歯科医師と歯科衛生士は全く違い、
歯科衛生士が患者さんに対してできることは主に予防措置のみになります。
しかし、ルーズな院長だとその範囲を超えて仕事を押し付けてくることがあるのです。

事実、多くの歯科衛生士がそのことで悩んでおり、こうした歯科医院には絶対に転職してはいけません。
ルールを破っている以上あなたも処罰の対象になりますし、
本来行わない仕事を行うことで負担もかかり、そのため一切のメリットがないのです。

4. 完全予約制の歯科医院

完全予約制の歯科医院の良いところは、勤務時間が診療時間に限りなく近いことです。
「患者さんが多い日は遅くまで残業になる」、「勉強会をする時間を確保できない」など、
こうした悩みのない歯科医院である可能性が高く、身体を壊すほど極端に忙しい日もないでしょう。

仕事に対する考え方は人それぞれ違います。プライベートの時間をきっちり確保したい人もいれば、
積極的に勉強会などに出席してスキルを高めたい人もいるでしょう。
ただ、どういった考え方だとしても、それを実現しやすいのは完全予約制の歯科医院です。

5. 衛生管理がしっかりしている歯科医院

衛生管理がしっかりしていない歯科医院は院長のルーズな性格が明らかになっていますし、
患者さんの安全配慮に欠けていることから、何かと問題を起こしやすいでしょう。
また、ルーズな院長だと残業代などの管理も信頼できず、その点もまた不満につながりますよね。

そもそも、衛生管理がしっかりしていなければあなたも細菌に感染する可能性が高く、
とても安心して働ける職場とは言えません。このため、衛生管理がしっかり歯科医院に転職すべきですし、
これは転職先の歯科医院として最低条件とも言えるのではないでしょうか。

6. 職場見学ができる歯科医院

求人募集で確認できるのは、あくまで基本的な勤務形態のみになります。
人間関係・衛生管理を含めた職場環境を知るには、職場見学をしなければ分かりません。
だからこそ職場見学は大切であり、これを行わずに転職して失敗した歯科衛生士は少なくないでしょう。

逆に言えば、職場見学できない歯科医院に転職すると失敗する可能性が高く、
そのため職場見学できる歯科医院を転職先の候補として考えるべきです。
最も、それだけではその歯科医院が良いとは限らず、後は実際に職場見学をして見極めましょう。

まとめ

転職で重視するポイントは人それぞれですが、それでもある程度共通した部分はあります。
このため、一般論として転職する時にベストな歯科医院は知っておくべきで、
これらのポイントを抑えた歯科医院に転職すれば、その転職が成功する可能性は高いでしょう。

歯科衛生士が転職する時、勤務形態だけに注目する人がいますし、確かに勤務形態は重要です。
しかし、そもそもの基本として自分が働く上で理想の歯科医院を考えておくべきですし、
今回お伝えしたことはそのための参考にしてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

採用をお考えの医院様へ

PAGE TOP