歯科衛生士の転職で失敗しやすい人とは?

Main 20190916
このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科衛生士の転職は、成功した人もいれば失敗した人もいるでしょう。
これには運もあるでしょうが、成功した人に話を聞くと決して運だけではないことがよく分かりますし、
一方で失敗した人に話を聞くとその原因となる部分が見えてきます。

さて、歯科衛生士の転職で成功するには、文字どおり成功の秘訣を知ることはもちろん大切でしょう。
しかし、同時に失敗の原因を作らないことも大切であり、ここでは後者に的を絞ったお話をしていくとします。
そこで、ひとまず歯科衛生士の転職で失敗しやすい人の特徴を挙げてみますね。

1. 紹介に頼る


歯科衛生士同士で交流がある人は、転職の時には同じ歯科衛生士の仲間に相談すると思います。
あなたが「どこかおすすめの歯科医院はない?」などと相談すれば、
顔の広い歯科衛生士なら「〇〇歯科医院が良いと思う」と紹介してくれるかもしれません。

しかし、このように紹介に頼って転職した場合は大抵失敗してしまいます。
と言うのも、理想の職場におけるこだわりは人それぞれ価値観が異なるからです。
転職先の歯科医院を調べもせず、仲間の「おすすめ」の一言で入ってしまえばその転職は失敗するでしょう。

2. 勤務形態だけで決める

歯科衛生士に限らず、どんな職種でも給料が多いに越したことはありません。
さらに休みも多く、勤務時間も自分の理想どおりならそこに転職したくなるのは当然でしょう。
しかし、こうした勤務形態だけで転職先を決めてしまうと、大抵その転職は失敗します。

確かに、勤務形態は転職における重要なポイントですから無視できません。
しかし、特に歯科衛生士の場合は人間関係が重要ですし、衛生面にも気にしなければなりません。
いくら勤務形態が理想どおりでも職場に問題があれば、結局は長続きしなくなってしまうのです。

3. 転職のタイミングを考えない


自分だけの力では転職は成功できず、それ以前に求人募集がなければなりません。
考えてみればそれは当然で、いくらあなたが優秀な歯科衛生士だとしても、
歯科衛生士の求人募集がなければ働くことができないですからね。

また、いくら求人募集があってもそれがブラックな歯科医院なら、やはり転職は失敗に終わってしまいます。
こうした事態を防ぐには転職のタイミングを考えることで、
好条件の求人募集を多く目にする時期に転職しなければ転職成功は難しくなるでしょう。

4. 職場見学をしない

歯科衛生士を希望する人向けに、職場見学を行っている歯科医院は少なくありません。
そこで、転職の時は必ず職場見学するようにしてください。
確かに、職場見学に面倒に思うかもしれませんが、実際に見なければ分からないことは多々あります。

特に、院長の人柄や衛生面へのこだわり、設備の充実などは職場見学しなければ分からず、
面接の時の質疑応答だけで分かる要素ではないのです。
職場見学をせずに転職してしまうと、転職後に思わぬ問題が見つかってしまうかもしれません。

5. 性格的に細かい点を聞きづらい


面接時、どうしても知りたいことでも性格的にそれを聞きづらいと、明らかに損をしてしまいます。
例えばあなたは勤務が終わったら早く帰りたいと思っていたとして、
それは勉強会を望む歯科衛生士に比べて、合否の判断において不利なように思えます。

しかし、プライベートの充実を大切と考えるあなたの考えは間違っておらず、
どうしても譲れない部分があるならそれは必ず聞くべきです。
聞きづらいと思って聞かずにいると、勉強会の多い歯科医院に転職してしまう可能性もあるでしょう。
どうしても聞きづらいなら、転職サイトを利用してプロのエージェントに確認してもらっても良いですね。

6. 嫌なら転職すれば良いと考えている

「入ってみなければ職場は分からない、嫌ならまた転職すれば良い」、
この考えの人はポジティブである点はプラスとしても、実際は転職で失敗するケースが多いでしょう。
いくら歯科衛生士の資格があっても、転職を繰り返していては履歴書のイメージは明らかにマイナスです。

入社と退社を繰り返していては、転職先の歯科医院側も長続きしない可能性を考えてしまいますからね。
このため、転職はしっかりと成功の秘訣や歯科医院の情報をリサーチして、安易に辞める考えは捨てましょう。
これは考え方の問題で、この考えを改善しない限り転職を繰り返してしまいます。

まとめ

転職で失敗してばかりいるなら、その原因はあなた自身にあります。
もちろん、転職先のブラックな環境が転職失敗を招いたことは確かですが、
根本としてそれを見抜けなかったことを反省しなければ同じ失敗を繰り返してしまうでしょう。

歯科衛生士の転職で失敗しやすい人の特徴を知れば、その対処をすることで転職成功につながります。
特に、今回お伝えしたことに該当する人はそのスタイルを改める必要がありますし、
真剣に改善策を考えてその上で転職活動してみてはいかがでしょうか。そうすればきっと転職は成功します。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

採用をお考えの医院様へ

PAGE TOP