歯科衛生士を悩ませる院長の性格と方針

Main 20190818
このエントリーをはてなブックマークに追加

少数運営の歯科医院で働く歯科衛生士にとって、人間関係の悩みは深刻な問題です。
例えば、複数の部署があって社員100人の会社なら、その中に1人くらい嫌な人がいても我慢できるでしょう。
しかし、歯科衛生士の勤務する歯科医院には部署などなく、スタッフも数人しかいない環境です。

このため、たった1人でも嫌な人がいるとその悩みは深刻になってしまい、
実際に歯科衛生士の転職・離職の理由で最も多いのが人間関係の悩みになっています。
ここで忘れてはならないのは、人間関係の中にはスタッフだけでなく院長も含まれているということです。

では、歯科衛生士にとって悩みとなる院長の方針や性格には、一体どんなものがあるのでしょうか。

1. 利益を最優先に考える


歯科衛生士とすれば、やっぱり患者さんに感謝される瞬間が最も嬉しく感じるでしょう。
しかし、利益を最優先に考える院長だと、そのような嬉しさを感じられる機会は少なくなってしまい、
なぜなら1人でも多くの患者さんに対応することを求めてくるからです。

そういう院長は精度や丁寧さよりもスピードを大切にしますから、患者さんと会話しているとむしろ怒られます。
これではコミュニケーションもろくに取れずに機械のような仕事になってしまいますし、
何より医療ミスが起こる危険性もあるため、安心して働ける環境ではありません。

2. 範囲外の仕事を指示する

歯科衛生士ができる業務は限られており、患者さんに対して行えるのは予防処置です。
レントゲンを準備するにしても、できるのはあくまで準備までであり、ボタンを押すことは一切許されません。
しかし、こうしたルールを無視して歯科衛生士に範囲外の仕事を指示する院長もいるのです。

これは、悩み以前に問題ある違法行為であり、処罰の対象になってしまいます。
仮に指示された範囲外の仕事で失敗してしまったことを考えると、
こういう院長の歯科医院は、悩むどころか一刻も早く転職した方が良いでしょう。

3. パワハラ・セクハラ

これはもう歯科の業界に限ったことではない問題です。
セクハラは院長以前に人間として失格ですから、敢えてこの場で解説する必要はないでしょう。
問題はパワハラで、これは院長に悪気がなくても結果的に起こってしまうことがあります。

パターンとして多いのは、指導が厳しすぎる院長で、患者さんの前でも歯科衛生士に怒鳴るようなケースです。
仕事が厳しいのは当然なので、このパワハラを厳しい指導を受け止めて我慢してしまいがちですが、
それが辛いと感じるなら別の歯科医院への転職を考えた方が良いでしょう。

4. ルーズ


残業手当をつけない、衛生管理を疎かにする、勤務時間が曖昧など、
ルーズな院長だとそこで働く歯科衛生士も大変ですね。
また、ルーズな一面はミスではなく性格の問題ですから、院長に対してなかなか指摘もできません。

その結果、歯科衛生士は悩んでしまうのですが、
ただこうした事態はその歯科医院で働く前に、職場見学を行うことである程度で回避できる問題です。
給与など数字に表れる部分だけでなく、職場見学で院長の性格を把握しておくのも大切ですね。

5. 治療方針に対する不信

これは難しい問題で、例えば無麻酔で治療を行い、患者さんが痛がっているとします。
歯科衛生士の歯科治療の知識はありますから、麻酔をしない院長の治療方針に不信感を抱くでしょう。
ただ、治療次第では麻酔を使わないのが正しく、患者さんが痛がるのは院長のスキル不足のケースもあります。

ですから、院長の治療方針に不信感を抱く場面でも、実は院長が正しいことも考えられるのです。
もちろん、本当に院長の治療方針に問題がある可能性もありますが、
院長が普段から歯科衛生士を無視したような態度をとっていると、こうした不信感を抱きやすいでしょう。

6. 歯科衛生士の働きを労わない


歯科医院で一番偉いのは確かに院長ですが、それをあからさまに感じさせる院長だと嫌ですね。
歯科衛生士の働きを労わず、感謝の言葉を言わない院長は歯科衛生士の悩みの種になります。
院長と歯科衛生士がこうした関係だと、連携もうまくいかずに不満だけが溜まっていくでしょう。

もちろん、院長からの感謝の言葉を期待するために歯科衛生士の仕事をするわけではありません。
それでも、歯科衛生士の仕事を認めない院長だと信頼もできなくなってしまいますし、
割り切って自分のためだけに頑張ろうという気持ちになり、やりがいも失ってしまうでしょう。

まとめ

こうした院長の性格や方針に対する悩みは、正直解決するのは難しいでしょう。
例えば、歯科衛生士と院長が定期的に面談を行う歯科医院があったとしても、
果たしてその面談で院長に対して意見を言えるのかという現実的な問題があります。

ですから、院長とどうしても合わないなら改善よりも転職を考えた方が良いですし、
もっと言うならその歯科医院で働く前に職場見学で院長の性格に注目すべきです。
歯科衛生士の人間関係の問題では、こうした院長に対する悩みも少なくありません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

採用をお考えの医院様へ

PAGE TOP