転職すれば本当にスキルアップできるの?

Main 20190818
このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科衛生士の転職の理由として多く挙げられるのは、「人間関係の悩み」や「院長との相性」ですが、
それ以外では「やりがいのなさ」を理由に転職する人も意外に多くいます。
と言うのも、歯科衛生士の仕事は基本的に毎日同じことの繰り返しだからです。

歯科助手とは違って携われる業務は多いものの、歯科衛生士の仕事は歯科医師のサポートと予防処置であり、
歯科医師のように虫歯や歯周病の治療を行えるわけではありません。
そのためやりがいを感じられず、スキルアップを目的に転職を考える歯科衛生士が多いのです。

1. 転職によってスキルアップは可能なのか?


「スキルアップできる歯科医院に転職する」と言っても、その表現ではあまりに漠然としすぎています。
そこで、どのような特徴を持った歯科医院に転職すればスキルアップできるのかを考えてみましょう。

人間関係が良い

これは、友達のように仲が良いという意味ではなく、しっかりと連携がとれているという意味です。
スタッフ同士で連携がとれている歯科医院は信頼関係が成り立っており、
そのためお互い教えたり教えられたりする機会が多く、スキルアップしやすい環境と言えます。

院長を信頼できる

院長との相性が悪く、また信頼できなければ、いくら院長が優秀でもスキルアップはできません。
理由は簡単で、信頼できない院長に対しては指導を受けたくないという気持ちが働くからです。
また、そんな院長の下で頑張る気にもなれないでしょうから、学ぶ意欲がなくなってしまいます。

定期的に勉強会を行っている

定期的に勉強会を行っている歯科医院は、院長が歯科衛生士のスキルアップを大切に考えています。
このため、学びやすい環境であることは間違いないでしょう。
当然他のスタッフも真面目に勉強会に取り組みますから、お互い刺激し合ってスキルアップできるでしょう。

2. 歯科医院の運営体制で判断する


スキルアップしやすい環境の歯科医院は、運営体制からでもある程度分かります。
例えば、次の運営体制に該当する歯科医院は環境面でスキルアップしやすいでしょう。

完全予約制

完全予約制の歯科医院だと、1日に対応できる患者さんの人数が限られています。
このため過剰な負担を強いられることがなく、疲労で勉強できなくなることはまずありません。
時間をしっかりと決めている歯科医院だからこそ、勉強の時間もしっかり確保できるのです。

休みが固定制

休みが固定制…つまり、全スタッフが同じ曜日に休むシステムの歯科医院です。
と言うのも、シフト制の場合は必ず誰かが休んでいますよね。
そのため勉強会の開催が難しく、スキルアップする機会をあまり作れないのです。

スタッフの定着率が高い

やりがいのなさやスキルアップのできなさは、歯科衛生士が転職する充分な理由でしょう。
そのため、スキルアップできる見込みのない歯科医院は歯科衛生士の離職率が高く、
逆に言えば離職者が少なく定着率の高い歯科医院は、スキルアップできる環境だと期待できるのです。

3. スキルアップできる歯科医院に転職するコツ

スキルアップできる歯科医院に転職するには、まず職場見学を必ず行いましょう。
と言うのも、「スキルアップできる歯科医院」というのは給与と違って数字で示すことができず、
そのため職場見学で職場やスタッフの雰囲気に注目しないと判断しづらいのです。

また、好条件の歯科医院を探すことも大切で、そのためには転職する時期を考えなければなりません。
極端な話、新人の歯科衛生士が入る4月には求人募集はほとんど見られず、
その時期に転職活動してもスキルアップの有無どころか、転職先の歯科医院を探すことすら難しいですからね。

一方、ベテランの歯科衛生士が離職する時期である9月などは、
歯科医院も信頼できる歯科衛生士がいなくなったことで、早急かつ好条件で求人募集をかけるでしょう。
こうした時期を見逃さずに転職活動すれば、おのずと好条件の歯科医院が見つかりやすくなります。

4. 間違ったスキルアップの解釈をしないこと


スキルアップというのは、たくさんの業務をこなせるようになることではありません。
確かに、歯科衛生士が行う業務を全て覚えることは大切ですし、
それぞれの業務におけるスキルアップを目標とするのは悪くないことです。

しかし、歯科衛生士の範囲外の業務を求めてはならず、それは違法行為になってしまいます。
もちろん、そのような違法行為を指示する歯科医院は、
例えスキルアップできる環境であったとしても早々に転職すべきです。

まとめ

歯科衛生士の業務は基本的に毎日同じことの繰り返しですから、
やりがいを感じらないと悩む人も多く、そのためスキルアップできる歯科医院への転職を望みます。
最も、歯科衛生士の行える業務は限られているため、それを超える業務を行うことはできません。

しかし、歯科医院の環境次第では毎日の業務においてスキルアップすることは可能であり、
例えば勉強会を開催している歯科医院などがそれに該当するでしょう。
ですから、転職先の歯科医院の選び方さえ間違えなければ、スキルアップできる歯科医院への転職は可能です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

採用をお考えの医院様へ

PAGE TOP