それなら転職した方がいい!歯科衛生士の致命的不満

Main 20190818
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在歯科衛生士として働き、なおかつ転職を考えている人へアドバイスすると、
転職を考えているからには現在の職場に何らかの不満があるのでしょう。
しかし、どんな業種においても不満の一切ない環境で働けることはまずありません。

ですから、改めて今自分が感じている不満を考えてみてください。
それがささいなもので、どの職場にもあるような不満なら、割り切って働いて方が良いかもしれません。
しかし、致命的とも言える不満なら今すぐでも転職した方が良いでしょう。

1. 違法行為を指示される


歯科衛生士、歯科助手、歯科医師、それぞれ資格が全く異なるため携われる業務にも違いがあり、
歯科衛生士は歯科医師のサポート役で、患者さんの口に手を入れる行為は予防処置に限られています。
しかし、中にはこの範囲を超えた業務を歯科衛生士に任せる歯科医院もあるのです。

これは、業務が増えて負担がかかるというレベルではなく、
資格の問題で本来してはいけない行為をするということで違法行為になってしまいます。
指示とは言え、その行為を行った歯科衛生士も処罰の対象になるので、そんな歯科医院は転職すべきです。

2. 人間関係で悩んでいる

ささいなことならともかく、人間関係で深く悩んでいるなら転職を考えるべきでしょう。
確かに、人間の悩みはどんな職種でもあるため、そのために転職していたらきりがないと思うかもしれません。
しかし、歯科衛生士の人間関係の悩みは一般企業の場合に比べて深刻と考えるべきなのです。

と言うのも、歯科衛生士の勤務する会社イコール歯科医院であり、歯科医院は少数運営が基本です。
また、そこにいる全員と毎日必ず一緒に仕事をする必要があるため、
そこまで悩んでいるなら我慢せずに転職すべきでしょう。

3. 勤務形態に不満がある


勤務形態の不満と言ってもそれは様々で、休みの数、勤務時間、給与などが挙げられます。
この場合、すぐ転職するべきとまでは言いませんが、検討くらいはしてみるべきでしょう。
と言うのも、歯科衛生士は離職率が高いため、その分まで求人募集も多いのです。

このため、他の歯科医院で歯科衛生士として働くことはそれほど難しくないですし、
求人募集を見れば勤務形態もある程度確認できます。
それで、自分の求める勤務形態に合った歯科医院が見つかれば、本格的に転職活動をしてはいかがでしょうか。

4. ノルマを要求される

例えば、「1日で患者さんを〇〇人対応する」など、
利益を上げるためのノルマを要求してくる歯科医院に勤めているなら転職すべきでしょう。
これには理由があり、それはその歯科医院が利益しか考えていないことです。

その場合、精度ではなくスピード重視で患者さんを対応しなければならず、トラブルを招く原因になります。
精度を疎かにする治療では医療ミスを招く恐れが高く、
実際にそれが起こってしまえば歯科衛生士も被害を被ってしまうかもしれませんからね。

5. 休暇や休憩がまともにとれない

休暇、さらには休憩がまともにとれない歯科医院で働いているなら転職すべきでしょう。
休みがろくにとれない会社は、どの業種でもブラックの代表格となっていますし、
いくら仕事のためとは言え、それでは身体を壊してしまいます。

責任感が強い人ほどこうした問題を我慢しようとしますが、
歯科衛生士の求人募集は時期次第でそれなりの数が掲載されます。
ですから敢えて今のブラックな歯科医院にこだわる必要はなく、積極的に転職活動してみましょう。

6. 転職は「時期」が大切


せっかく転職しても、転職先の歯科医院に同じ不満があれば何の解決にもなりません。
好条件で不満のない歯科医院に転職するには、時期を考えて行動することが大切です。
例えば、9月は歯科衛生士の求人募集が比較的に多くなる時期ですね。

これは、夫の転勤などが理由で離職するベテランの歯科衛生士がいるためで、
ベテランの歯科衛生士がいる歯科医院なら、少なくとも勤務形態に問題はないと予想できます。
このため、9月は転職の最適なタイミングとされており、こうしたタイミングを考えることが大切です。

まとめ

転職はしようと思ってもなかなか行動に移せず、結局今の職場で我慢する人も少なくありません。
確かに、慣れた職場を辞めて別の歯科医院を探すのは手間に思えるかもしれませんし、
そもそも転職することで本当に現在の不満が解消されるか不安でしょう。

しかし、現状の不満を解消するには転職するしかなく、それには行動しなければなりません。
もちろん、ささいな不満が出るたびに転職を繰り返していてはキリがないですが、
少なくともここで挙げた不満がある場合は、転職を考えた方が自分にとって確実にプラスです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

採用をお考えの医院様へ

PAGE TOP