見切りも大切!転職した方がいい歯科医院のダメな環境

Main 20190719
このエントリーをはてなブックマークに追加

長年勤めている会社はどうしても辞めづらく、歯科衛生士の場合もそれは例外ではありません。
そもそも余程転職の繰り返しでもしない限り、職場の環境はどこも同じだと思えてしまいますからね。
しかし、歯科衛生士の勤める歯科医院の環境はそれぞれ大きく異なります。

ですから、現在あなたが当然だと思っている自分の勤める歯科医院の環境が、
もしかすると他の歯科医院と比較して著しく劣っている、もしくは問題がある可能性も否定できません。
そして、ここでお伝えするのは問題のあるダメな環境に値する歯科医院のケースです。


1. 「人間関係が悪い」歯科医院はダメ!


人間関係の悪さは多少我慢すべきであり、そもそも人間関係が100%良好な会社はまずありません。
しかし歯科医衛生士の場合は例外で、人間関係が多少なりとも悪ければ転職を考えるべきですし、
一般的には不可能と言われる人間関係が100%良好な勤務先(歯科医院)を探すべきなのです。

と言うのも、歯科医院は企業のような部署がなく、しかも院長含めた少数で運営されています。
このため、人間関係の悪さは職場の環境の悪さに直結してしまうのです。
企業の場合、複数の部署がある上に従業員も多く、その中に1人嫌な人がいてもそれほど影響ありません。

仮に100人の従業員の中で1人嫌な人がいても、それくらいは我慢すべきですし我慢できるでしょう。
しかし5人の従業員の中に1人嫌な人がいる場合は致命的で、それを我慢するのは心の健康に良くありません。
ですから、少数運営の歯科医院においては、人間関係が悪ければそれだけで転職するに値するのです。

2. 「院長があらゆる仕事を振ってくる」歯科医院はダメ!


何でもかんでも歯科衛生士に仕事を振る院長の元では働かない方が良いでしょう。
つまり、院長がこのような考え方であれば、その歯科医院は環境が悪いため転職すべきです。
院長があらゆる仕事を振ってくる歯科医院に勤めていると、3つの問題が起こります。

問題1. 給料との割が合わなくなる


何でもかんでも仕事を任されれば、歯科衛生士の負担は大きくなるでしょう。
そうすると、現在の給料が仕事と見合わないものになってしまいます。
それだけ負担のかかる仕事を今の給料でこなすのは割が合わず、そのため転職した方が良いでしょう。

問題2. 院長を信頼できなくなる


院長の元で仕事する歯科衛生士は、院長を信頼できなくなったら終わりです。
院長を信頼できないことで治療方法にも疑問を感じるようになりますし、
その歯科医院で成長しようとする意欲も失われ、仕事のやりがいを失ってしまいます。

問題3. トラブルが起こる


歯科衛生士と歯科医師は違うため、歯科医院の仕事の中には歯科医師しか行えないものがあります。
何でもかんでも仕事を任せる歯科医師は、そんな決まり…すなわち法律を無視する可能性があるのです。
この場合は違法になりますから、それを行ってしまった歯科医衛生士も責任を問われてしまうでしょう。

3. 「学ぶ機会のない」歯科医院はダメ!


歯科衛生士は歯科医師のサポートが仕事であり、治療と言っても行えることが限られています。
このため同じことを繰り返す毎日が続きやすく、やりがいを感じられずに退職する人も少なくありません。
そんな歯科衛生士が仕事にやりがいを感じることとすれば、歯科衛生士としての自身のスキルアップでしょう。

知識や技術の向上は歯科衛生士としてのスキルを高めて自信へとつながりますし、
治療方法において院長と意見を交わせるほどになれば、仕事にも充実を感じられますからね。
では歯科衛生士はどうやってスキルアップするのか?…そこに欠かせないのは勉強です。

実際、歯科衛生士を大切にしている歯科医院は定期的に勉強会を行っており、
参加する歯科衛生士も自身のスキルアップを実感して仕事にやりがいを感じられるでしょう。
一方、こうした学ぶ機会のない歯科医院はやりがいを感じられず、職場の環境として良くないのです。

4. 「歯科衛生士が一人しかいない」歯科医院はダメ!


少数運営が基本とは言え、個人経営の歯科医院では歯科衛生士が一人だけしか在籍していない場合もあり、
こうした歯科医院での勤務は、体調不良でも休むことができず、決して環境が良いとは言えないでしょう。
最も、自分一人しか歯科衛生士がいない点で、責任を感じて転職する気持ちになれないかもしれません。

しかし、休みが取れないことは歯科衛生士に限らず退職の理由としても充分であり、
歯科衛生士の仕事自体に魅力を感じているなら、転職して他の歯科医院で勤務した方が良いでしょう。
有給を使えないのはもちろん、冠婚葬祭でも休みづらい環境ではゆくゆく不満が出るのは明白です。

少数運営でも、歯科助手との人数調整で歯科衛生士が複数在籍する歯科医院は他にありますし、
その歯科医院にこだわらず、転職を視野に入れて他の歯科医院に目を向けるべきですね。
休みたくても休めない環境の歯科医院は、仕事を続けるには辛すぎます。


まとめ


歯科衛生士の職場においても最も重要なのは人間関係であり、
ですからそこに問題があるなら転職すべきでしょう。
また、院長の性格や方針も大きく影響し、何でもかんでも仕事を押し付ける院長の元で仕事するのは危険です。

その場合、気づかない間に歯科衛生士の範囲を超えた違法な仕事を任される危険性がありますし、
スキルアップの機会がなくやりがいのなさを感じるなら、やはり転職すべきでしょう。
こうした環境の職場はダメと考え、問題を改善できる歯科医院への転職を前向きに考えてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

採用をお考えの医院様へ

PAGE TOP