転職希望の歯科衛生士向け!人間関係の良し悪しを転職前に知る方法

Main 20190719
このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科衛生士の転職成功において最も重要かつ難しいのが、転職先の人間関係の良し悪しを知ることでしょう。
もちろん時間や給与などの勤務形態も重要ですが、これらは転職前に把握することが可能ですよね。
一方、人間関係の良し悪しは分からず、勤めてみないと分からない…つまり一種の賭けに等しいのです。

しかし、本当にそうなのでしょうか。転職先の人間関係の良し悪しを転職前に知ることは不可能なのでしょうか。
実はそうではなく、方法次第で人間関係の良し悪しをある程度知ることは可能であり、
ここでは転職を希望する歯科衛生士に向けて、転職前に人間関係の良し悪しを知る方法をお伝えします。


1. 離職率に注目する


離職率が高い…要するに入れ替わりの多い歯科医院は人間関係が悪い可能性が高いでしょう。
そもそも歯科衛生士の退職理由として多く挙げられるのは人間関係であり、
退職者が多い歯科医院はそれだけ人間関係が悪いと想像できます。

一方、離職率が低い…つまり入れ替わりの少ない歯科医院は人間関係が良好である可能性が高く、
人間関係が良好で居心地が良いからこそ退職者が少ないのです。
職場見学の際に「スタッフはみんなどのくらい続けているのですか?」などと質問すると良いでしょう。

2. 職場見学をする


歯科医院の中には、転職希望の歯科衛生士に向けて職場見学ができるところもあります。
職場見学は積極的に希望するべきで、人間関係の良し悪しを知る最適な機会にもなるでしょう。
自分とは明らかに合わないスタッフがいれば、その歯科医院への転職は避けるべきですね。

また、職場見学することで人間関係以外の部分も分かります。
院長の性格や方針、衛生管理、患者の数、患者の年齢層など、
転職に満足できるかできないかの要素に関係する部分が多々わかるため、職場見学はおすすめです。

3. 休みのシステムから判断する


歯科医院の休みのシステムはシフト制と固定制のどちらかですが、
単純に人間関係の良し悪しの判断だけで考えた場合、それが悪くなりやすいのはシフト制の場合です。
と言うのも、シフト制は誰かが休んだ時、他の誰かが休日出勤になってしまうからです。

また、「あのスタッフだけ好きな日を休む」や「連休ばかりとる」などの不満も生まれやすく、
シフト制は固定制に比べると休みの取り方において揉め事が起こりやすいのは確実でしょう。
最も、シフト制ならではのメリットもありますし、シフト制自体が悪いという意味ではありません。

4. スタッフの平均年齢に注目する


開業して間もない歯科医院でない限り、スタッフの平均年齢で人間関係の良し悪しが分かります。
要注意なのは平均年齢がやけに若い歯科医院で、
スタッフ全員が若いということは、ベテランスタッフが在籍しない環境ということになります。

そしてベテランスタッフが在籍しないということは、スタッフが長続きしないということになり、
そう考えるとその歯科医院には退職したくなるほどの問題があると考えられるのです。
その問題が人間関係の悪さである可能性は充分考えられ、こうした歯科医院への転職は避けるべきでしょう。

5. 求人募集する時のキャッチフレーズに注目する


あくまで一般論ですが、次のキャッチフレーズを謳う歯科医院は人間関係が悪い可能性があります。

● アットホームな職場
●スタッフ同士の仲が良い

まず「アットホームな職場」ですが、仮にこれが言葉どおりだとしてもそれはそれで問題で、
公私混同して必要以上の付き合いをしなければならない職場かもしれません。
次に「スタッフ同士の仲が良い」ですが、これはスタッフ同士が友達感覚のイメージがあります。

職場における良好な人間関係とは、コミュニケーションやスムーズな連携がとれていることであり、
友達のような仲のことを意味しているわけではありません。
また、人間関係が悪いからこそ人間関係の良さを過剰にアピールしている感もあります。

6. 5月に求人募集している歯科医院


5月は求人募集する歯科医院が多いのですが、よく考えるとこの時期の求人募集は不自然で、
なぜなら4月に新卒の歯科衛生士が入ってきているはずだからです。
それでも実際に求人募集しているということは、新卒の歯科衛生士が早くも退職したことになりますよね。

では、なぜ新卒の歯科衛生士が退職したのかを考えると、人間関係の悪さが原因の可能性が高いのです。
と言うのも、4月に入って5月に退職…つまり、1ヶ月という期間は人間関係を把握できる期間でもあるため、
退職までの期間を考えると人間関係の悪さに嫌気がさしたと考えるのが妥当ではないでしょうか。


まとめ


このような部分に注目すれば、転職前でも転職先の歯科医院の人間関係の良し悪しが分かります。
もちろん推測による部分も多いですが、いずれも説得力のある根拠であることも事実です。
勤務形態だけに注目せず、こうした部分にも注目して人間関係の良し悪しを判断しておきましょう。

少数運営である歯科医院、そこで働く歯科衛生士にとって重要なのは人間関係の良し悪しであり、
仕事が長く続くか続かないかの運命の分かれ道と言っても過言ではないでしょう。
転職成功のため、しっかりと情報収集をしてから転職してください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

採用をお考えの医院様へ

PAGE TOP